カラーグローファンデーション ストーリー

「どんな社会に対してどんな想いをもち、どんな人になにを通してどんなメリットを提供し、どんな未来をつくっていくのか。」

どんな社会=女性が今の自分に悩む社会。シワやシミなどの肌トラブルが増え、ファンデーションが手放せない。カバー力ばかり重視してしまい、素肌感とはほど遠い白浮きした違和感のある肌に。

どんな想い=何歳になっても今の自分に自信を持てる社会の実現。

どんな人に=今の自分に悩んでいる人に

どんなメリット=女性一人ひとりをそれぞれのカラーで彩り、あなたにとっての一番を叶える。

どんな未来=何歳になっても今の自分に自信を持てる。今が自分の一番だと自信をもって言える未来。

女性が今の自分に悩み続ける社会。常に一番の自分でありたいから、なりたい肌、理想のメイクに近づくことができるよう探求する。だが決して高いものが良いのではなく、プロも女優も使っている物でも合うかどうかはその人次第。それぞれが持つ肌の良さ・色合いがあるからこそ人の肌は均一じゃない、人と同じが通用しない。さらに現実は酷く、隠しきれない肌トラブルに、”自分の一番”ではなく隠すためだけのメイクを求めてしまう。その結果、”自分の一番”とは異なる、自分だけの素肌とは異なる違和感のある肌に。
私たちは、女性が何歳になっても今の自分に自信を持てる社会を実現したい。私たちが『あなたを彩り、あなたにとっての一番を叶える』。何歳になっても今の自分に自信を持てる、今が”一番の自分”だと自信をもって言える未来を実現する。

error: Content is protected !!